電力自由化のメリットをチェック【発電手法にもとづく選択肢が増加】

記事一覧

電力会社の切り替え方法

コンセント

手続き方法を把握しよう

国の法律が改正されて、一般家庭用の電力小売りが全面的に自由化されています。 いままでの様にエリアごとの大手電力会社のみならず、携帯会社やガス会社というようなさまざまな企業から、電力自由化により電気を購入することができるようになっています。そして、こうした電力自由化によって、それぞれの会社のサービスとのセット割引といったリーズナブルなプランが供されています。 電力自由化を契機に契約を締結する新しい会社によって供給される電気の質が異なるという事はなく、停電し易くなる事もないので安心して利用することができます。電力自由化後の電線並びに電柱に故障が生じた場合などにおいても、新しい会社ではなく各地域の送電会社が処理することになっています。 今現在の電力会社からの切り替えについてですが、 今契約している大手電力会社に対しては、契約の取り交わしの解除などの連絡を取ることは不要です。 切り替え先の新しい会社が一連の手続きをしてくれますので、切り替えのの申請をするだけで済みます。 その場合、現在契約中の電力会社のお客様番号、供給地点特定番号という番号が必要とされます。こういった番号は現在契約中の電力会社から送られる月毎の検針票において表記されています。ですので、そういった部分を利用すれば問題ありません。 たくさんの新しい会社においては、サイト上の申し込みフォームより、こうした番号及び個人データを入力送信する事によって申し込みすることができます。

Copyright© 2018 電力自由化のメリットをチェック【発電手法にもとづく選択肢が増加】 All Rights Reserved.